長期視点で回避させること|マンション経営や駐車場経営が資産を増やす|ゆとりある老後生活

マンション経営や駐車場経営が資産を増やす|ゆとりある老後生活

男の人

長期視点で回避させること

建物

空室を発生させないこと

マンション経営においてリスクは空室になることです。そしてその空室を将来的にわたって発生しない物件を選ぶことが大事になります。マンション経営ではたいていの場合、マンション一室をローンで購入します。そのため数十年かけてローンを支払い続ける必要があります。すべての期間において、満室状態が継続し常に家賃収入を得ることができれば、ローンを上回る家賃収入が入り、安定した経営をすることが可能になりますが、空室が発生するとその分家賃収入は0になります。これを加味した家賃設定を行う必要があります。入れ替えの時期など一定期間空室になることはやむをえませんが、長期間空室になることは絶対に避けなければならないのです。

借り手の立場に立つ

マンション経営において空室を避ける方法は立地条件など妥協は絶対にしないことです。新築時には、どんな物件でも新築という言葉で入居者はある程度希望されます。そのため空室のリスクについて深く考えることはありませんが、築年数が経過すれば、需要は明らかに減少していきます。家賃を下げるなどローンを下回る家賃の設定は絶対に避けなければなりません。そのため築年数が経過しても魅力のある物件を探すなど工夫をすることで空室を発生させるリスクを少しでも減少させることができるのです。マンション経営のリスクは、マンションの借り手の立場に立って物件探しをすることが最も大事なのです。インターネットの検索機能などを使用し借り手の状況を理解することが最も大事な行動なのです。