マンション経営や駐車場経営が資産を増やす|ゆとりある老後生活

女の人

記事一覧

経営で起こる問題の対処法

マンション

マンション経営は収入を得る手段としては非常に有効な方法であると言えます。しかし、そのためにリスクを軽視されがちです。経営開始時のローンや賃料の設定、不動産会社選びなどをしっかりと行うことで、それを回避することが可能となるでしょう。

詳細を確認する

長期視点で回避させること

建物

マンション経営において一番のリスクになるのが空室です。家賃収入が0になることでローンの支払いなど経営に支障をきたします。そのため築年数が経過しても魅力のある物件探しが重要になります。借り手の立場で探すことが大事なのです。

詳細を確認する

収入を継続的に得ること

集合住宅

マンション経営の最大のリスクは空室です。家賃収入がメインである場合、空室は収入が0になります。そのため空室をできるだけ発生させない工夫が必要です。物件選びの立地条件や、空室保証などを上手に利用することがリスク管理になります。

詳細を確認する

手軽な土地活用方法

駐車場

リスクの少ない投資方法

使っていない土地でも固定資産税を支払う必要がありますので、そのままただ遊ばせておくのは勿体無いと考えている人も少なくないでしょう。東京で持て余している土地の活用用法としては様々な方法がありますが、ある程度の資金が必要になります。その中でも初期投資にかかる費用も少なく、リスクが少ない方法として人気があるのが駐車場経営です。駐車場経営はマンション経営などと比べると圧倒的に資金的負担も少なく、もし成功しなくてもすぐに更地に戻すことが出来るというメリットもあります。また、リスクが少ないというだけではなく意外なメリットもあります。それは建物を建てるのには向いていない変形地でも活用できるということです。使い道が無いと諦めていた土地も、駐車場経営としてなら活かすことも出来るかもしれません。マンション経営もさることながら、駐車場経営も資産を上手に運用できる方法になります。

駐車場のタイプでも違いが

リスクの少ない不動産投資として、マンション経営よりも人気の駐車場経営ですが、同じ駐車場でも様々なタイプが存在しています。もっとも一般的で初期投資も少なく維持費も安いのが平面駐車場です。変形地でも2〜3台駐車できれば十分に駐車場経営は可能となっています。もっと多くの駐車スペースを確保するには立体駐車場があります。立体駐車場も大きく分けると自走式と機械式とに分けることが出来ます。自走式は自分でスペースまで運転していくタイプであり、立体駐車場の中では維持管理コストが低いという利点があります。一方で機械式には垂直循環式やエレベーター式など様々なタイプがあります。乗用車一台辺りの必要な土地はおよそ7坪とされていますので、自分の土地の場合はどのような運用をすれば良いのか考えてみると良いでしょう。